取扱商品 オルタネーター スターター コンプレッサー お支払いについて 製品保証規定

HOME 故障・症状例

故障・症状例

重症でした。

ユーザーさん曰く、コンプレッサーが爆発した?
う〜ん爆発?と聞き返しましたが、コンプレッサーを見れば何となく想像が出来ました。まず破裂箇所を見ると外部衝撃での割れでなく、内部から破裂したような破裂箇所でした。
早速内部調査です。すでにスラッジを吸い込みすぎてドロドロになっていました。原因はスラッジの吸い込みによるコンプレッサーの焼付でした。コンプレッサーにスラッジが溜まり過ぎている所をどんどん回して、耐え切れず内部破裂を起したものと思われます。コンプレッサー交換後は、今まで以上のサイクルの清掃と洗浄しにくい部品の交換、レシーバーやエキパン等の消耗品の交換は御願いしました。

オーバーラン?



セルモーターではなくキースイッチによるオーバーランでした。セルモーターを交換しても一時的に症状は直っていたみたいですが再発したようで、コアを見てみるとアマチュア等が焼きついていました。キースイッチの点検も御願いし症状は直りました。

交換前と症状が変わらない?

交換した時には直ったが、数日で交換前と同じ症状になった?カプラや配線等の接触不良が原因のようでした。

【コンプレッサーの場合】
交換原因が焼き付きや極度の不圧等であれば、サイクルの清掃は十分に行いエキパン、レシーバーは最低限交換してください。清掃が難しく不十分だと思われる部品は清掃では無く交換をお勧めいたします。音鳴りは焼きつきの前触れかもしれません。ガス漏れは老朽化等もありますが、先ずは何処から漏れてるのか厳密な場所の確認が必要です。

【セルモーターの場合】
バッテリーの作動不良と誤認することも有ります。バッテリーのチェックと平行して調べましょう。セルモーターが滑る場合には、噛み合わせの相手側のリングギア等のチェックもしてください。セルモーターはギアの噛み合うところです。回りすぎの場合はキースイッチもチェックお願い致します。

【オルタネーターの場合】
バッテリーの作動不良と誤認することもあります。バッテリーのチェックと平行して調べましょう。オルタネーターから音がなる場合はベアリングの老朽化等も考えられます。交換後チャージランプが付く場合はベルトの張り等も注意です。配線やカプラの接触不良も注意しましょう。



ページの先頭へもどる

困ったときのお役立ちツール エアコン故障時のチェック早見表 PDF 冷房能力不足点検表 PDF 異音が出る原因 故障・症状例